Lamb leather | News | NOMBRE IMPAIR - ノンブルアンペール

Top / News

News

Lamb leather

 

 

 

 

 

Lamb leather

 

 

 

こんにちは。

 

 

秋分の日。

 

昼と夜の長さが等しくなる。

 

でも実際は昼の方がすこし長いとか。

 

 

季節の変わり目を洋服でも感じたいところですね。

 

 

今回ご紹介するアイテム。

 

今年こそは!!!と思っている方も多いはず。

 

 

ここ最近定番で作っている人気の2型。

 

今年はグレーのライダースが新登場。

 

 

さらに、スタンドブルゾンはレザーの種類が選べるように。

 

よりスタイルに合わせやすくなりました。

 

 

まずはライダースを。

20171004jiyugaoka01

Blouson:¥46,000(01-1-02-009-7-2/zozotown)
Blouse:¥14,000(01-1-06-045-7-1)
Pants:¥14,800(01-1-04-008-7-2/zozotown)
Bag/rapiecage:¥18,000(30-1-13-002-7-2/zozotown)
Shoes/brend zaro:¥16,800(03-3-15-008-7-2)

 

体に馴染むラムレザーを使用。

 

 

ラペル幅、付属使い。

 

かっこいいけど着やすいを実現。

 

 

20171004jiyugaoka02

 

レザーと刺繍。

 

女性ならではの、永遠にかわいい組み合わせ。

 

 

ハイウエストパンツでバランスを取って、ハラコのバッグで素材感を付け足す。

 

 

今年登場したグレーは、

 

何度ライダースを試着しても、しっくりこない・・・

 

 

そんな方にもご納得していただけるかも。

 

強すぎない、肌馴染みの良いカラーです。

 

 

 

次はスタンドカラーブルゾン。

 

20171004jiyugaoka03

Blouson:¥80,000(01-1-01-001-7-2)
Knit:¥15,000(01-1-07-002-7-2/zozotown)
Skirt:¥11,000(01-1-05-017-7-2)
 

 

少しずつ改良を重ねたスタンドカラーブルゾン。

 

 

レザーなのに上品。

 

コーディネートの邪魔をせず引き立ててくれる、

 

長く愛着が持てる一着です。

 

 

 

インナーは持ちの方も多いかも。ブラッシュウールニットを。

 

20171004jiyugaoka11

 

ブラック同士の組み合わせは素材でグッと差をつけて。

 

 

シンプルなコーディネートは鍵となる差し色を。

 

 

派手に感じるくらいが今年の気分かも◎

 

 

 

 

20171004jiyugaoka05

Blouson:¥80,000(01-1-01-001-7-2)
Tops:¥8,500(01-1-08-030-7-2/zozotown)
Skirt/stella ciffon:¥29,000(03-2-05-203-7-2)
Shoes/vanilla moon:¥14,000(03-3-15-003-7-2/zozotown)
Earrings/vintage:¥5,000(05-3-20-003-7-3)

 

クラシカルなスカートでドラマチックに。

 

インナーはお約束のカジュアルダウン。

 

20171004jiyugaoka06

 

お出掛け先に合わせてブラウスでも◎

 

 

 

冒頭でお話したスタンドブルゾンの素材。

 

 

今回ご紹介したのは“DENIM”という

 

レザーファクトリーで作ったイタリア生産のもの。

 

20171004jiyugaoka07

 

裏の見返しについたレザータグが本物の証。

 

直接現地へ出向き、素材を吟味し実現した

 

こだわりが詰まった一品です。

 

 

 

もちろん同型の毎年人気の素材もご用意しています。

 

選べるのも嬉しいですね。

 

 

“こだわりたいから選びたい”

 

 

是非、サイズ、カラーが揃っているこの時期に

 

着比べてみてください。

 

 

ご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

自由ヶ丘店 石井

※価格は全て税抜き表示です。

 

 

Instagram

 

twitter

 

gozozo.png

 

 

  • NOMBRE IMPAIR
  • FIL DE FER
  • rapiecage
  • NUMBER
  • vintageline